リビングの中央にはくつろぎのソファを

リビング空間は家の中心であり、寛ぎには欠かせないアイテム。

しかも、ソファは家に来る誰もが目にする家のデザインのシンボルにもなる家具です。

見てもよし!使ってもよし!のソファを一つご紹介します。

HUKLA(フクラ)のアイテムです。一見すると今大変人気のあるカウチタイプのようですが、

一番の注目はそのカウチの形です。

正方形に近い形で、一般的なカウチ(180㎝前後が多い)に比べるとかなり短めの120㎝になっています。

「脚は伸ばしたいけど、あまり奥行きが広くないものがいい。」

というのはお客様とお話ししているとよくお聞きすることですが、120㎝の長さは絶妙です。

カウチソファ上では思い思いの姿勢でくつろげます。もちろん、あぐらをかくこともできてしまうわけです。

シートの薄いデザインで、足元はかなり軽快で、取って付けたようなアーム(肘掛け)がかわいらしいですね。

ちょっと木部もあり、木部のカラーも写真のグレー色のほかにブラックウォールナット色、ダークブラウン色、ナチュラル色の合計4色からチョイス可能!張地はもちろんカバーリングで外すこともできますし、布も数十種類の中からお好みの布を選べます。

品質はフクラブランドだけあって、さすがの出来栄えです。

こだわりのフォルムがお部屋の印象的なアクセントになること間違いなし。ぜひお試しください!