リビングのスペースの取り方って皆さん悩みますよね。

今回はリビングとダイニングの空間が一つになったお家での、レイアウトのお話です。

かなり新築の方のご相談が増えてきましたので、商品のご紹介をしつつ触れてみたいと思います。

老舗メーカーの浜本工芸さんの資料です。

図はキッチンは含まないスペースで約10帖です。

左図だと実際家具を置いてみると大人がゆっくりするにはOKですが、小さなお子様のいるご家庭ではより動線を多くとるため、かなり狭く感じます。

そのため右図のように、ダイニングセットにてそのままくつろげるように開発されたアイテムが出てきました。

浜本工芸さんの『No4000』シリーズもその一つです。

通常のダイニングテーブルより低めの高さに設定されているため、食事を取った後そのままTVをみてくつろいでも違和感を感じないアイテムです。

木の質感を全面にだしながら、丸みを帯びたフォルムですので優しい感触のリビングになります。

椅子も布バネ&積層構造クッションですので、長時間座っても疲れません。

このようなタイプのダイニングセットが最近だんだん増えてきております。

 

モチロン、十分なスペースがある方は普通のタイプのダイニングセットでOKです。

写真はシャープなデザインのフレームと座面に合板を使用しない構造で一脚4.9㎏の軽量化を実現したダイニングセット。

毎日のお掃除や普段の出し入れの際、女性やお子様の負担にならないように設計されてます。

デザインも先ほどのアイテムと同様に優しいながらもシンプルに、スペースを広く見せるようにしています。

 

各間取りやそれぞれの生活スタイルで、スペースの使い方は違いますが、様々なシチュエーションに対応できるアイテムはドンドン増えています。

迷っている方やどうしたらいいか困っている方はどうぞお気軽にご相談ください。

 

繰り返しになりますが、当店は今月決算セール中です。

お買い得品が多数ございますので、ぜひご来店ください。