フランスベッドの新介護用ベッド

「フランスベッドが介護の未来へ立ち上がりました」

このフレーズどこかで聞いた記憶ありませんか?
国産ベッドメーカーのフランスベッドが贈る、新たな介護用ベッド、離床支援マルチポジションベッドのCMに使われているキャッチフレーズです。

ベッドとしてのフラットな状態から、イス型に変形し、さらに立ち上がりまでをベッドにいたまま完結できる。ベッドにいたまま、様々なポジションをとる事ができるベッドという事からマルチポジションベッドという名称になりました。

今回は、フランスベッド マルチポジションベッドの紹介です。

マルチポジションベッドは6モーターが搭載された新型の介護用電動ベッドとなっています。
従来より、福祉、医療現場用のベッドを製造しているフランスベッドの技術とこだわりの詰まった製品です。
2021年2月現在、静岡県内で実物を観て体験できるのは、栗田家具センター静岡店(場所はこちらから三島店とフランスベッドのショールームのみ!

背上げ機能、脚上げ機能があり、フラットなベッドの状態から、無段階に角度の調節が可能。
背上げ機能時には0~75°までの調節ができて、誤嚥リスク軽減や胃液の逆流の緩和、血圧のコントロールに効果が期待できます。

両方を組み合わせることで、好みの姿勢に身体を起こし、本を読んだり、テレビを見るなど、リラックスした時間が作れます。

背上げ時には、上半身部分のベッドフレームの両サイドが持ち上がり身体を包み込みます。
これにより、万が一の落下を防止し、安定した状態で起床できます。使用されるご本人も、介助者も安心できる機能ではないでしょうか。

このベッドの最大の特徴としては、一つのボタンを押し続けるだけで、ベッドのフラットな状態から、床に足をつけた端坐位が取れるポジションまでの変形を行えます。

角度や、高さの個別の調整は、それに対応するボタンで変更が可能です。

端坐位の状態での、背の角度や座面を傾斜させより立ち上がりやすく、調整もできます。
座面高は35~75㎝の間で昇降が可能で、専用固定式ブリップを利用して、そのまま歩行へ移ることもできます。
※停電時には、内蔵のバッテリーでベッドのフラットな状態まで戻すことができます。

抱え上げなどの介助の際の介助者の身体への負担軽減にもつながり、介護現場、リハビリ現場で、必ず活躍してくれる製品です。

フランスベッドさんが商品説明の動画を公開していますので、映像でご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。

当店で体験をご希望の際は、売り場の店員へお声掛けください。
皆様のご来店をお待ちしています。