見た目だけではわかりません。

『信玄もち』の正しい食べ方はご存じでしょうか?

好きなので今まで星の数ほど食べてきましたが、昨日、人生で初めて『信玄もち』の正しい食べ方を知りました。

今までは 

①包み紙を開ける。②容器に入ったままのもちに黒蜜をかける。 ③食べる。

でしたが本当は

①包み紙を開ける。 ②容器を包み紙の上にひっくり返す。 ③紙の上のもちに黒蜜をかける。 ④食べる。

だそうで、紙を最大限?に活用しています。(粉がこぼれない)

メーカー推奨の公式な食べ方となっていますので、お土産などで家族で食べる機会がありましたら、教えてあげて自慢してください。(*≧ω≦)

さて今回は、『カリモク』さんのソファでオモシロイ新商品がでましたので、ご紹介いたします。

『カリモク』さんらしい、背中のラインにこだわったキレイなデザインです。

腰にやさしく、自然にTVを見たり、本を読んだりとくつろげる角度に仕上がってます。

足元は流行りの『ルンバ』も侵入できる高さです。

『カリモク』さんのソファでも、『モールドウェーブ』を座面に採用している機種は座って本当にキモチイイです。(*≧ω≦)(㊦写真:モールドウェーブ)

ソフトとハードの2層のウレタンで構成してあり、座ってておしりがズレてきたりしません。

ウレタンには上部(ソフト部)はスリットをいれて皮膚がよじれるのを防ぎ、下部(ハード部)は穴あき構造にして腰椎にかかる負担を大幅に緩和しています。

腰痛の方も安心です。(b´ω`d)

張地6色+木部3色からチョイス出来ます。

張地は高級車の『アルファロメオ』や『プラダ』等のバックでも採用されている、『ストラダ革』を贅沢に使いました。

伸縮性に富み、座りシワも軽く撫でてあげるだけで簡単に元に戻ります。

 

一言で『皮』『ウレタン』と言ってイメージがそこで止まってしまいますが、実際はかなりメーカーさんそれぞれでこだわっています。

ソコも含めて、こだわってソファを選んでいただけたら、きっと楽しいお買いものにも繋がります。

ぜひ、店頭で吟味いただけたらと思います。

『カリモク』さんのホームページは当サイトよりとべますので、ぜひこちらもご覧になってみてください。

よろしくお願いいたします。