ほわいと・ばれんたいんでー

本日は、恋する乙女の決戦日『バレンタインデー』です。

TVでやっていた街角アンケート結果が

①昨年は女性へのアンケートで『義理チョコを配る数を減らす』が最多。

②今年は男性の方が『義理チョコなら貰わなくてもいいかなぁ』が多い。

になっているようです。

こうなると、『チョコ=本命』という意味が重くなりますね。

東京の方は大雪で、電車の運休など交通が大変なことになっていますが、邪魔が多いほど恋は燃え上がります。

燃え上がった『想い』をぜひ、頑張って伝えて下さい。ついでに雪も溶かしてください。(笑)

さて、今回は1階に『ギャツベ・キリム』のコーナーがリニューアルいたしましたのでご紹介いたします。

IMG_2139

イランの民族手織りジュータン『ギャツべ』。

IMG_2141

向こうの女性は結婚するとき、自分で織り上げたギャツベを3枚ほど嫁入り道具として持っていくそうです。

そのため『ギャツべ』は、模様の意味もそうですが織り上げるときも作り手の色々な『願い・想い』が込められています。

IMG_2133

染料は乾燥させた草木や花、岩石などの天然のモノです。

化学染料を使わないので、染めるのに時間がかかりますが体に安心です。

コーナーには今人気の『イランギャッベ』だけでなく、『トルコシルク』、『アゼルバイジャン』の手織り絨毯もございます。

IMG_2135

玄関マットや、クッションサイズの『ギャツベ』も大量入荷いたしました。

IMG_2132

乙女の『願い・想い』がつまった『ギャツベ』。

ぜひ店頭にてご覧になっていただき、お使いいただければと思います。