こどもの日

本日は『こどもの日』です。

こどもの日の源は古代中国時代から。

端午の端の字は「はじ」といい「最初」の意味をもち、「午」は「うま」といい、「五月の最初の午の日」に行

われる節句という意味をもちます。

このことからも分かるように、当初はこどもの日は5月5日ではなかったのです。

牛と五のゴロ合わせで、5月5日となり、大切な厄払いの日と考えられるようになりました。

中国で広まっていた菖蒲湯や菖蒲酒を飲み、その菖蒲で体のけがれを祓って健康と厄よけを願うという

行事が奈良・平安時代に日本の宮廷に伝わり、初めは五節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)とし

て、季節ごとの身のけがれをお祓いする行事として知れわたりました。

その後武家社会にも広り、菖蒲を尚武(武をたっとぶ)にかけ、端午の節句を祝うようなりました。鯉のぼりを飾ることが広まったのもこの頃で、武士の家に男の子が生まれると、門前にのぼりを立てる

ようになり、一般にもその風習が伝わったのですが、庶民がのぼりを立てることは許されず、出世するよ

うにとの願いを込めて鯉のぼりを立てたのです。こどもの日の飾り物としてもうひとつ鎧兜がありますが、これが広まったのは意外にも戦後になってから

で、鎧兜は古くから身を守る象徴とされ、子供の身を守り、健康に成長するようにとの願いを込め飾るよ

うになったのです。そしてこの時政府が5月5日を重要な日とし、日本でもお祝いされるようになりました。

日本の祝日とされたのは、戦後(1948年頃)のことで、それまでは、男子のみの祝いだったこどもの日

を、男女と共の祝いの日とし、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝す

」日と定義づけました。

みなさまはどのようにお過ごしになりますか?

我が家はかぶとを飾ってありました・・・